Bitcoin研究室

ビットコインの利用サービスを研究するブログ

Bitcoin研究室 イメージ画像

更新情報

先日、ビットコイン・デビットカード「Wirexカード」を提供しているWirex社が日本のSBIインベストメント株式会社より300万ドル(約3億4300万円)の資金を調達したとうニュースが出てましたが、これに伴い2017年中にはWirexカードが日本円にも対応を予定しているそうです。(
『Wirexカードがまもなく日本円に対応!今話題のWirexカードって何?』の画像

ビットコイン取引所のcoincheckが行っているサービスの一つにビットコインで寄付ができる「ビットコイン寄付」というものがあります。通常海外に寄付する場合、送金手数料だけでものすごい金額がかかったり、寄付するまでの手間がかかったりという事があったりしますが、この
『ビットコインで寄付をしてみた』の画像

ビットコインが使えるお店も増えてきましたが、日本の飲食店では初めてビットコインが導入されたというお店、六本木の「ピンクカウ」に行ってきました。>ピンクカウ(THE PINK COW)ビットコインの老舗ということもあって何度か行ったことがこちらのピンクカウですが、ビッ
『ビットコインが使えるお店、六本木「ピンクカウ 」に行ってみた』の画像

日本最大のビットコイン取引所bitFlyerで、1,000円相当のビットコインがもらえる「ビットコインがもらえちゃう!バレンタインキャンペーン」が本日よりスタートしています。>ビットコインがもらえちゃう!バレンタインキャンペーンこちらのキャンペーンですが、キャンペン期
『1,000円相当のビットコインがもらえるbitFlyerのバレンタインキャンペーンに参加してみた』の画像

昨年から始まった、電気代をビットコインで支払うことができ、さらに電気料金の4~6%がビットコインとして還元されるサービス「coincheckでんき」。昨年末に申し込んでしばらく利用していたのですが、無事にビットコインが還元されました。>coincheckでんきこの、coincheck
『「coincheckでんき」サービスからビットコインが還元されました。』の画像

ビットコインの使える店舗も徐々に増えきていますが、以前よりネット上で決済できるサービスの一つとして「DMM.com」のサービスがあります。このDMMのビットコイン決済ですが、商品が直接ビットコインで購入できるわけではなく、DMMポイントをビットコインで購入し、DMMポイ
『DMM.comの商品をビットコインで買ってみた』の画像

ビットコイン取引所「bitFlyer」が全世界のビットコイン取引量において19%以上のシェアを獲得し世界第一位になっています。【世界第一位のビットコイン取引所に!】現在bitFlyerが全世界のビットコイン取引量において13%以上のシェアを獲得し世界第一位となりました。皆様の
『bitFlyerが世界第一のビットコイン取引所に!』の画像

本日の日本経済新聞のニュースで2017年中にもビットコインの対応店舗が国内2万ヶ所へ急拡大というニュースが出てました。これは現在の約5倍の店舗数になるそうで、訪日外国人増加に対応する小売店が導入するケースが増えてきているそうです。>ビットコイン対応店舗、国内2
『ビットコインの対応店舗が国内2万カ所に拡大へ!!店舗はどのようにビットコインで支払いするのか試してみた』の画像

↑このページのトップヘ