coincheckを展開するレジュプレスとLPガス事業者の三ッ輪産業が電気料金やガス料金等、公共料金をビットコインでの支払い方法の導入に関して基本合意したそうで、これにより、三ッ輪産業の子会社のイーネットワークシステムズと電気事業に関しての業務提携を行ったそうです。

まずは11月初旬より、ビットコインで電気代の支払いができるサービス「coincheckでんき」がまずスタートするそうなんですが、本日より事前受付がスタートしたということでさっそく申し込んでみました。

coincheckでんき
051

専用のサイトに進み事前受付登録のボタンをクリック
052
申し込みページが表示されます。
申し込みにはcoincheckのアカウントが必要で、coincheckに登録したメールアドレスと、「coincheckでんき」のサービスが可能エリアかどうか調べるため郵便番号を入力します。

あとは、プランを選択するだけで事前予約は終了。

プランはライトユーザープラントヘビーユーザープランの二つが用意されています。

>ライトユーザープラン
054
ライトユーザー向けプランでは、電力の支払いは今まで通りなんですが、電気料金の4~6%がビットコインとして還元されるそうです。
今までと同じように支払いを続けるだけで、ビットコインで還元されるので、これはお得。

>ヘビーユーザープラン
055
こちらはすべてビットコインで支払うサービス。還元されるビットコインがすでに引かれた状態で請求されるため、通常より4~6%電気代がお得なサービスとなっています。

<利用エリア>
056
現在、関東、関西、中部エリアでサービスがスタート予定で今後は供給エリアを拡大予定とのこと。

coincheckでは、電気代にとどまることなく、ガス代、水道代、携帯代、家賃などの生活インフラをビットコイン決済可能にしていく予定があるそうで、いよいよ日本でもビットコインが生活の一部として利用されるようになりそうですね。

まだビットコインのウォレットを持ってない方はとりあえず、coincheckのアカウントを作成し、事前登録してみてはいかがでしょうか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin