前回のブログでビットコイン決済ができるお寿司屋「銀座沼津港」でビットコインを使った流れを紹介しましたが、今回はそのお店の中にあるビットコインATMについて紹介したいと思います。

ビットコイン決済の様子はこちら
> ビットコインが使えるお寿司屋「銀座沼津港」に行ってみた
0160
現在、東京には7つのビットコインATMが存在するらしいのですが、今回は、その中の一台「銀座沼津港」にあるGenesis Coin社のビットコインATM「satoshi1」 を紹介したいと思います。
ビットコインのことがまだよくわからない方には変な名前のATMだなぁと思われますが、このsatoshiとは、ビットコインの生みの親といわれている中本哲史(Satoshi Nakamoto)さんのこと。
0165
まずは画面をタッチ。
このビットコインATMですが、数種類存在し中には英語のみのものもあります。
この「satoshi1」は日本語に対応。
0166
画面をタッチし、「ビットコインのご購入」を選びます。
0167
本人認証をするため、まず電話番号を入れる必要があります。
0168
電話番号を入力するとSMSでコードが送られてくるので、コードを入力
0169
暗証番号を入力し、登録は完了。
この本人確認がなぜ毎回必要になるのかは謎ですが、次回より電話番号と暗証番号を入て使うようになります。
0170
ビットコインの購入画面が表示され、レートが案内されます。
ここでのレートは72,311.80円。。。。。た、高い、、、、
(この時の平均レートは62,500円くらい)
0171
レートはとりあえず見なかったことにして先に進みます。
ウォレットアプリを開き、受け取り用のQRコードを表示させます。
0172
そのままスマホをかざします
0173
QRコードがスキャンされ、受け取り用のアドレスが表示
0174
あとは、入金したい金額を入れるだけ
0175
今回は2,000円入金してみました。
1000円から10万円までの間で入金が可能
0176
完了ボタンを押すと入金が完了します。
0177
最後に明細のレシートが出力されるので、そちらを受け取ります。
0178
そして、こちらがレシートと実際に入金された画面。
2000円で入金したものが、入金後は1,806円になってました(涙)
10%ほどが手数料としてとられることに。

ということで、現金の支払いの方がお得なのに、わざわざその場で現金をビットコインに両替し入金し、手数料を引かれてまで、ビットコインで支払う意味はまったくないという結果になりました。
このATMをどうやって普及させていくのかは今後の課題になりそうですね、、

東京にはあと6台のATMがあるそうなので、他のATMも時間を見てチェックしてみようと思います。

AMTで入金したビットコインを決済に使う様子はこちら

ビットコインを始めてみたい方はcoincheckがおススメです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin