ビットコイン取引所Zaifでビットコインのコンビニ決済がスタートしたということで利用してみました。

ビットコイン取引所Zaifにてコンビニ決済を導入

今回のコンビニ決済機能ですが、coincheckでも導入されているPAYDESIGN社の決済システムを使ったもの。

ただ、coincheckは最低3,000円からの入金だったのですが、Zaifは500円からの入金に対応しています。
手数料は3万円未満の場合が378円。3万円以上は486円となっており、5万円以上入金する場合は別途印紙税の200円がかかります。

< Zaifのコンビニ決済を利用してみた >
0204
まずZaifのユーザー画面にログイン、日本円入出金を選択。
0205
画面を下にスクロールさせると「コンビニ決済による入金」のボタンがあるのでクリックします
0206
コンビニ決済用の項目が表示されるので入金額を入れます。
今回は1,000円入れてみることにしました。
0207
名前、フリガナ、電話番号、メールアドレス、決済金額の確認画面が表示されます。
この中で電話番号はコンビニで作業するとき必要になるので、間違いがないかよく確認し「手続きを続行する」をクリック
0208
画面が切り替わり、入金額と手数料、合計金額が表示されます。
今回はテストのため1,000円入れてみますが手数料はちょっと高いですね、、、、
利用できるコンビニはローソンミニストップセイコーマートファミリーマート
0209
次へをクリックすると受付番号が発行されます。
0210
これで、受付処理は完了。
ユーザー画面を確認すると、今登録した情報が表示され、入金待ちのステータスになってます。
メールにも受付番号が送られてきているので、それを持ってコンビニに向かいます。
0212
今回はローソンで入金することにしました。
Loppiを使います。まず、一番左の「各種番号をお持ちの方」を選択
0213
番号検索画面が開きますので、メールに送られてきている受付番号を入力
0214
受付の確認のため電話番号を入れます
0215
先ほど登録した1000円分の申し込み内容が表示されるので、OKを選択。0216
あとは、出力されたレシートをレジで清算すれば処理は完了になります。
0211
コンビニから戻って画面を確認すると、すでに処理が完了していました。

これは早いですね。

Zaifは今まで日本円を入れる場合、銀行送金のみだったので、入金が処理されるまで時間がかかっていたのですが、このコンビニ決済であれば24時間いつでも入金が即処理されるようになるので、手数料さえ割り切れればかなり便利に使えそうですね。

もちろん、クレジットカードに対応している会社のウォレットを持っていれば、クレジットカードでビットコインを買って送金することもできますので、サービスに特徴のある会社のウォレットをいくつか保有し、その会社の利点をうまく使いながらビットコインを動かすのもいいのではないでしょうか。


ビットコインを始めてみたい方はcoincheckがおススメです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin