仮想通貨もいろいろと増えてきましたが、最近ではZcash(ジーキャッシュ)という新しい通貨が話題のようです。

さっそく、ちょっと買ってみたのですが、価格は下がる一方で購入時の価格から1/10になってしまいました。。。

そこで、購入して増やしていくのは不安があるので、マイニングをして増やしてみることにしました。

マイニングの方法ですが、クラウドマイニングなどもありますが、今回は自宅の普段使っていないPCを動かして24時間フルフルにマイニングしてみることにします。

< supernova.ccのアカウントを作成 >


まず、今回のマイニングに使うサービスsupernova.ccのアカウントを作成します。

supernova.cc
0286
右上のGuestから、Sign Upを選択します。
0287
アカウント作成用のメニューが表示されますので、必要情報を入力しREGISTERを選択します。
0288
あとは、作ったユーザーでログインすればOK

< マイニングするウォーカーを作成 >
0289
マイニングするWorkerと呼ばれるアカウントを作成します。
左メニューの MyAccount > My Workersを選択。

複数PCを持っている人はここで複数のWorkerのアカウントを使ってそれぞれのPCに割り当てる感じになります。
0290
ID、passを入れてWorkerを作成。
このIDとパスですが、supernova.ccのアカウントの下に紐付き、他の人では利用ができないため、自分が管理しやすい名前とパスワードでOK。
今回はIDをtest_user、passを12345としてみました。

これで、supernova.ccの設定は完了となります。

< マイニング用のツールをダウンロード >

次にマイニング用のツールをダウンロードします。

Windows用、Mac用それぞれあるのですが、今回はWindows用のツールをダウンロードして作業してみます。

Win用ツール > ダウンロード
Mac用ツール > ダウンロード
0291
ファイルを解凍すると、このようなファイルが入っています。

nheqminer.exeという実行ファイルが入っていますが、これを正しい記述でコマンドプロンプト上で動かす必要があります。

今回はstart.batというバッチファイルを作成し、下記のように記述しました。

nheqminer.exe -l zec-apac.suprnova.cc:2142 -u アカウント名.test_user -p 12345 -t 6

青字の部分は作ったworkerで設定したユーザー名とパスワードに差し替えます。

最高のパフォーマンスを出すにはPCに合わせたグラボなどの細かい設定を記述する必要がありますが、とりあえず今回はこれだけで動かしてみます。

< マイニングしてみる >

さっそくバッチファイルを起動し、動かしてみます。
0292
start.batを起動するとdosの画面が開き、動いていることが確認できます。

あとは、PCをマイニングしたいだけ起動していればOKです。

ただ、作業中に動かしたい方もいるかと思いますが、動かすとかなりCPUを使われてしまうので、普段使わないときに動かすか、完全に別PCを用意した方が良いかと思います。

これで、とりあえずマイニングをすることができました。

次回はマイニングされたZcashの確認方法や、外部ウォレットに移動させる方法、24時間動かすとどのくらいマイニングすることができるかなど、スペックと合わせて紹介したいと思います。


ちなみに、このZcashですが、国内ではcoincheckで購入や売却をすることができます。
興味のある方はcoincheckでまずアカウントを作ってみてはいかがでしょうか。

ビットコインのウォレットをまだ持っていない方はbitFlyercoincheckがおススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin