保有しているビットコインをMastercardとして支払いに使うことができるデビットカードサービス「Wirex(E-Coin)」のWirexカードを先日申し込んでいたのですが、約10日ほどで届きました。

Wirexのスマホアプリが日本語対応に!スマホからWirexカードを作ってみました
0346
カードはエアメールとして届くため、直接受け取る必要はなくポストでOK
0347
中にはWirexカードとアクティベートの方法が書かれてます。

<Wirexカードをアクティベートしてみる>
0348
アクティベートはスマホアプリから行います。
アプリを立ち上げカードをアクティベートを選択
カードの下4桁と郵便番号を入れればアクティベートは完了です
0349
アクティベートが完了すると、入金項目が追加されるのでさっそく入金してみます。
入金はビットコイン、オンライン決済、銀行送金の3つから選択
今回は所有しているビットコインから入金してみます。
0350
ビットコインを選択すると入力画面が表示。
入金は簡単で、入金したい金額を入れて送信を押すだけ。
ただ、この画面では自分が保有しているビットコインがわからないので、保有している金額を知りたい場合は一度アプリのトップ画面に戻る必要があります。
ここはアップデートで修正してもらいたいところ。
今回はとりあえず$10送ってみることに。
0351
完了後即反映されます。

これで、普通にMasterCardのデビットカードとして利用ができるようになりました。
0352
ビットコインのデビットカードしては他にもVISAが利用できるバンドルカードなどもありますので、保有しているビットコインのどうやって使おうか悩んでいる方はクレジットカードを作ってみるのもいいのではないでしょうか。

ちなみに、バンドルカードは無料で保有することができますが、Wirexカードは月額1$のSMS手数料がかかるので、手数料がもったいないという方はバンドルカードがおススメです。

バンドルカードについてはこちら


ビットコインのウォレットをまだ持っていない方はbitFlyercoincheckがおススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin