ビットコイン取引所のCoincheckが国内では初めてとなるビットコインを一定期間預ければ、払い出し時に最大年5%の金利を得られるサービス「Coincheck定期預入」がスタートしたという事で利用してみることにしました。
0562
まず、Coincheckにログインします。
右上の取引アカウントを選択すると、新たに定期預金アカウントが増えているのが確認できます。
名称未設定-1
定期預金アカウントを選択すると専用のページが表示されます。

この定期預金ですが、コインチェックにアカウントを持っていれば誰でもすぐに利用することができ、専用の口座にビットコインを移すとで14日で金利1%、30日間で2%、90日間で3%、年間で5%と増えるというもの。
0561
画面をスクロールしサービスの登録ボタンを押します。
0563
規約の同意とリスクの同意にチェックを入れ登録。
0564
たったこれだけで定期預金口座は完成です。

< まずはビットコインを送金 >

預金口座を利用するにはビットコインを入れる必要があります。
これはcoincheckの取引口座とは別になるため、取引口座にビットコインを持っている場合はそこからまず預金口座にビットコインを送金する必要があります。
0565
メニューから「コインを受け取る」を選択し、通常入金用アドレスを作成します。
0566
そうすると専用のアドレスが作られるので、ここにビットコインを送金します。
0567
PC上でアドレスをコピーし、Coincheckの通常の取引口座から送金処理をするという方法でもいいのですが、画面の切り替えが面倒なので、Coincheckのスマホアプリを立ち上げ、QRコードを読み取り、そこから送ることにしました。
0568
Coincheck間の移動なのですぐに処理は終わると思っていたのですが、一向に送金処理が終わりません。おかしいなと思ってcoincheckのブログを確認したところ障害が発生した関係で送金できない状態が続いていたとのこと、、
この辺はメールなどでも教えてほしいところです。。

コイン送金再開のお知らせ

という事で、いったん送金をキャンセルし、再度送金処理をしてみました。
0569
今度は即時に送金処理が反映されました。

ただし、10,000円を送ったのですが、着金したのは9,999円でした(手数料は0円)。

< ビットコインを預ける >

ビットコインも追加できたので、さっそく定期預金サービスを使ってみることにします。
0570
メニューの「コインを貸す」を選択
0571
後は貸出期間を選択し、預け入れるビットコインの額を入れるようになります。
今回は約10,000円となる0.04754106 BTCを14日間、預けることにしました。
0572
そうすると、このようなエラーが
どうやら最低でも0.5BTC(約98,000円)が必要とのこと。
0573
という事で、0.5BTCになるように追加送金し預けることにしました。
0574
今度はちゃんと処理が完了しました。
処理を行うとまず注文一覧に入り、その後Coinckeckの承認が下りると貸し出しの項目に表示され完了となります。

14日間で年利1%になるので、今回0.5ビットコインを14日間預けた場合、0.0002ビットコインの利息が得られるはずなので、14日後どうなっているかチェックしたいと思います。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin